カラートリートメントでムラなく染める3つの方法は?

2016-02-02 at 17:47

カラートリートメントは手軽で簡単だけど、手で塗布するのでちゃんとムラなく染まるか心配ですよね。

そこで、全体的にムラなく染める方法を伝授します!

 

◯自分の髪質を知る!

もちろん、人それぞれ髪質が違うので、染まりやすい・染まりにくいという特徴があります。

〈染まりやすい髪質〉

髪の毛が細く柔らかい。

今までパーマやカラーがかかりやすかった。

このタイプの方は、色が入りやすい可能性があるので、カラー選びは慎重に。

明るくなりすぎるのが心配な方は、1トーン暗めの色味を選びましょう。

〈染まりにくい髪質〉

髪の毛が太く硬い。

今までパーマやカラーがかかりにくかった。

このタイプの方は、染まりにくい可能性があります。

仕上がり例の色よりも暗く仕上がりやすいので、明るめの白髪染めをしたい場合は、希望よりも1トーン明るめを選びましょう。

 

◯白髪が生える特徴を知る!

白髪は特に「フェイスライン」によく生えます。

また、この部分がやや染まりにくいことが特徴です。

なので、全体を染める場合はまずフェイスラインからたっぷり塗布しましょう。

 

◯温度と時間を知る!

白髪染めは、20℃以下だと染色効果が低下すると言われています。

なので、お風呂で使えるカラートリートメントの特徴を活かして、20℃以上の温かい浴室で染めることで、ムラが少なくなります。

また、髪質によって、カラートリートメントを塗ってから置く時間も考慮するべし!

硬めの髪質の方は、通常の置き時間+5~10分を目安にすることで、全体が均一に染まりやすくなります。

 



利尻ヘアカラートリートメント