白髪染め(カラートリートメント)を効果的に使う3つの方法

2016-02-02 at 17:34

髪の毛を痛めずに簡単に白髪染めができることで知られているカラートリートメント。

でも、正しい使い方を知っておかないと、染まりが悪かったり、ムラができたりと逆効果になる可能性も。

せっかく染めるなら綺麗に仕上げたい。

カラートリートメントを効果的に使う方法を説明します♪

 

【カラートリートメントの効果的な使い方】

◯根元もしっかりが原則!

カラートリートメントの魅力は、何と言ってもその手軽さ。

お風呂でサッと染められるし、使い方は通常のトリートメントとほぼ一緒。

でも、その手軽さゆえに使い方を間違ってしまうと染めムラの原因になることも。

通常のトリートメントとの大きな違いは、「根元にもしっかりつける」ことです。

本来トリートメントは、痛みの強い毛先を中心につけますよね?

でも、カラートリートメントは「根元」が大切です。

たっぷりのカラートリートメントを、頭皮から近い根元部分にもしっかり付けることで、生え際も綺麗に染まります♡

 

◯置き時間に工夫を!

カラートリートメントの置き時間はだいたい10分程度。

でも、初めての方や白髪の多い方は20分前後まで時間を延長して使ってみましょう。

全体的にしっかり染まりますよ!

 

◯ラップを活用する!

おしゃれ染めで美容院に行ったとき、頭にラップを巻かれた経験はありませんか??

それと同じで、白髪染めでもラップを活用するとその効果は格段にアップします。

しかも、ついでにトリートメント成分まで浸透してくれるので、一石二鳥♪

ラップを巻いて湯船に浸かれば、その温熱効果もあってより綺麗に染髪できますよ。

 

手軽で安全な無添加カラートリートメントはコチラ↓
利尻ヘアカラートリートメント