白髪染めが40代の薄毛・抜け毛の原因になるって本当?

2016-06-22 at 18:01

d7f0e5cd9298ca459ea6b85739fadfcb_s
女性は出産や閉経などでホルモンバランスが大きく変化しやすく、こういったタイミングで髪質が変わる方も多いと言われています。

40代の女性は特に、閉経に向けて徐々に体が変化する時期なので、更年期障害と合わせて薄毛・抜け毛に悩む方も増えやすいんです。

こういったホルモンバランスの変化に加え、過度な白髪染め(カラーリング)もその原因のひとつです!

白髪染めをしている40代女性の平均頻度は2週間〜3週間だそうですが、通常のカラーリングをこの頻度でおこなうと、かなり髪と地肌に負担がかかってしまいます。

でも、白髪って一度ケアすると、たとえ数ミリでも伸びてきたら生え際が気になるものなんですよね。
(管理人もかなりの頻度で美容院に通っていたので、とてもよく分かります…(^^;))

でも、少し生えたらすぐに染めるというルーティーンを継続していると、地肌にダメージが蓄積されて、余計に薄毛を加速させてしまいます。

・白髪を染めたい
・薄毛・抜け毛を予防したい

そんな想いから色々と検索してたどり着いたのが、白髪染めカラートリートメントです♪

白髪染めカラートリートメントが薄毛・抜け毛を予防してくれる!


通常のカラーリングはその日にすぐ染まるので”即効性”という点では優れていますが、地肌と髪の毛へのダメージがかなり大きいことが問題です。

せっかくキレイに白髪染染めができていても、髪のボリュームが少なくて地肌が見えるとかなり老けた印象を与えてしまいます。

そう考えると、なるべく地肌と髪にやさしさを優先して、トリートメントタイプの白髪染めを選択することがベストだと思います!

カラーリングに比べて即効性はありませんが、少しずつ自然に染まっていくので、いかにも「昨日染めました!」という印象にはなりにくいメリットもあります。

薄毛・抜け毛を予防するカラートリートメントの選び方


①天然素材でやさしい成分
②続けやすい価格
③トリートメント効果が高くて髪のケアができる
④髪の土台である地肌のケアもできる

これらの条件がピッタリ合致する白髪染めカラートリートメントはこちら↓↓
1602lp2_main
レフィーネのヘッドスパトリートメントカラーは、スカルプケアもできることが大きなポイントです♪

ヘッドスパのような感覚でマッサージをしながらトリートメントをすることで、頭皮の血行を改善し、ハリのある健康的な髪の毛が生えてきやすくなります。

頭皮の血行が良くなると、毛根に十分な栄養が行き渡りやすくなり、結果的に薄毛・抜け毛の予防にも効果的!

白髪を染められて、さらに頭皮ケアもできる、40代女性にはとってもありがたいカラートリートメントですね。

>>レフィーネ ヘッドスパトリートメントカラーのお得情報はこちら

白髪染めは通販で買う?ドラッグストアで買う?どっちがお得?

2016-02-25 at 16:07

○通販とドラッグストアの大きな違いは何?


ほとんどの街で、自宅の近所にドラッグストアがあるかと思います。

それだけ、ドラッグストアの店舗数が増えていますよね。
昔は「お薬屋さん」というイメージが強かったですが、最近は生活用品や食品まで販売しているお店がほとんどです。

ここで通販とドラッグストアの違いをまとめてみましょう。

まず、ドラッグストアは実際に商品を手に取って選べる大きなメリットがあります。

しかし、もちろん店舗スペースに限りがあるので、陳列できる商品数は限られています。
数ある商品のうち、”白髪染め”は数種類しか置いていないでしょう。

管理人が近くのドラッグストアで確認してみたところ、2剤タイプの白髪染めは数点置いていましたが、髪の毛に優しいカラートリートメントは取り扱われていませんでした。

このように、扱われている商品に制限があることはデメリットです。

また、わざわざドラッグストアまで足を運ばなければいけないことと、閉店時間・店休日があることもデメリットの一つと言えます。


対して通販は、

・店舗費・人件費を削減できるので安くてお得
・自宅で簡単に注文できる
・時間を気にせず、24時間注文できる
・定期コースを利用すれば、自動的にお届けしてくれる


などの大きなメリットがあります。

ドラッグストアのように実際に手に取って確認することはできませんが、白髪染めの場合はどうせ染めてみないとその商品の良さは分からないので、たいした問題ではなさそうですね♪


○人気のカラートリートメントは通販が断然安い!


今や白髪染めの主流となりつつあるカラートリートメントは、ほとんどのドラッグストアで取り扱われていません…。

時代の流れに乗って、ネット通販で販売している会社がほとんどのようですね。

今はネット上で商品説明や本音口コミなどもじっくり調べられるので、かなり詳しい情報まで知ることができます。

ぜひ賢くネット通販を活用して、お得に白髪染めを取り寄せてみましょう♪

白髪染め初心者が失敗しないために注意すべき3つのこと

2016-02-25 at 15:44

1a1801a083877a4a399f2913310612f5_s

○自分の髪質を知って正しい色味の選択を!


人の髪の毛には様々なタイプがあります。

より希望の色に近い綺麗な仕上がりになるよう、ご自身の髪質を正しく理解しておきましょう。

基本的に、細くて柔らかい髪の毛は染まりやすく、太くて硬い髪の毛は染まりにくいです。

あなたはどちらのタイプですか?

以下の選択方法を参考にしてみてくださいね!

細くて柔らかいタイプ:サンプル表示通りの色を選択する

太くて硬いタイプ:サンプリ表示よりも1トーン明るめの色を選択する




○染料の種類を知って自分に合った商品選択を!


白髪染めは、

①1回で一気に全体染めをするタイプ

②数回で自然に染まるタイプ

③その日だけ部分的に染めるタイプ


の大きく3つに分けられます。

自分のライフワークや生活スタイルによって、染料の種類もじっくり考えた方がいいでしょう。

例えば、

「明日の同窓会のためにすぐ染めたい」という方は①を。

「毎日出勤する会社の同僚に気づかれずに、じっくり染めたい」という方は②を。

「今から急なお出かけだけど、染めて洗い流して乾かしてる時間がない!」という方は③を。

という感じです。

それぞれのタイプでオススメの商品をご紹介しておきます♪

1回で一気に全体染めをするタイプ




数回で自然に染まるタイプ



その日だけ部分的に染めるタイプ

白髪染め


○初めての方は明るめを選択する!

カラーリングは、明るい状態から暗くするのは簡単ですが、一度暗くしてしまうと明るく戻すのは大変です。

初めての白髪染めで、「思ったよりも暗く染めてしまった~!」という失敗をよく耳にしますよね。

そんな失敗を防ぐためにも、仕上がりイメージよりも少し明るめの色を選択することをお勧めします。

そのためには、ある程度カラーバリエーションのある白髪染めを選ぶといいですよ♪

しかし、実は、白髪染めってカラーバリエーションが驚くほど少ないんです…。

そんな白髪染めの中でも、色味の選択が豊富なのがレフィーネヘッドスパ。




他のカラーと混ぜて使うこともできるので、かなり自然な仕上がりになると話題になっています♪

○関連記事
レフィーネの白髪染めは色混ぜすると好みのカラーに♪

白髪染めの種類と選び方を暴露!

2016-02-08 at 17:46

白髪染めには、目的別や染まり方によって様々な種類があります。
いざ白髪を発見したときに、すぐに対応できるように白髪染めの種類について知っておくと便利ですよ。

手軽さと安全性で選ぶならカラートリートメント


日頃のシャンプーの後に手軽に使える白髪染めとして人気なのが、カラートリートメントです。

通常のトリートメント感覚で、髪の毛全体に塗布するだけ。
規定の時間お風呂に入りながら放置して洗い流せば、カラーリング完成です♪

白髪染め効果に加え、トリートメント効果があるのも嬉しいところ。

ただ、1回で完全に染まるわけではないので、すぐに染めたい方は注意が必要です。

◯関連記事
白髪染め|徐々に染めたい派へのオススメは?


人気のカラートリートメントはこちら!






今すぐ!の応急処置にはスティックタイプ


出かける前に鏡を見てビックリ!生え際に白髪が…!!

そんな時間のない時は、10分以内でサッと色を定着できるスティックタイプがオススメ。

とりあえずの応急処置や、次の白髪染めまでの待ち期間に活用するにはとても助かるアイテムです。

ほとんどがバッグに入るコンパクトサイズなので、1本持っておくと使い勝手がいいですよ。

◯関連記事
白髪染め|今すぐ急ぎで隠したい派へのオススメは?

人気のスティックタイプ白髪染めはこちら!

白髪染め

ムラなく簡単全体染めなら泡タイプ


自宅での白髪染めは、「慣れないうちは結構むつかしい」という声が多く寄せられています。

初めて自分で全体染めをする場合、ムラなく綺麗に染めるのはかなりハードルが高いもの。

そんなセルフカラーリング初心者さんにオススメしたいのが泡タイプの白髪染めです!

泡だとヘアムース感覚で簡単にムラなく全体染めができるので、初めての方でも安心してお使いいただけますよ♪

◯関連記事
白髪染め|1回でしっかり染めたい派へのオススメは?

人気の泡タイプの白髪染めはこちら!



白髪の原因となる4つの要素|原因を知って予防する!

2016-02-08 at 16:51

できれば白髪を事前に予防したいものですね。

未だに詳しい原因は解明されていませんが、決して「加齢」だけの問題でもないことは分かってきているようです。

それでは、白髪の原因となる要素を確認してみましょう。

ご自身に当てはまるものがある場合は、要注意ですよ!


◯ストレス

大きな原因の一つと言われているのがストレス。

現代は男女共にハードワークに陥る傾向があり、気が付かないうちに過度なストレスが蓄積している可能性あり。

また、SNSの普及なども相まって、人間関係や人付き合いでのストレスやトラブルも急増しているのだとか。

昔に比べ、ストレスを感じるきっかけが多くなっている分、白髪につながる可能性も高くなっているようです。


◯頭皮の血行不良

様々な原因から血行不良になることがありますが、主には運動不足や栄養不良が考えられます。

つまりは、生活習慣の乱れが血行不良をまねいていることが多く、耳が痛い方も多いのではないでしょうか!?

髪の毛は頭皮環境の影響を強く受けています。

頭皮が硬く血行不良の場合は、黒髪の色素を作るメラノサイトへの栄養が不足し、結果的に白髪の原因になることがあります。


◯睡眠不足

「寝ている間に成長ホルモンが多く分泌される」という話しを聞いたことがありませんか??

特に22:00〜2:00の間はゴールデンタイムと呼ばれており、成長ホルモンをしっかり分泌させるためにはこの時間帯の良質な睡眠が必須。

もちろんお肌のためにもいいですが、髪の毛にもいい影響を及ぼします。


◯栄養不足

最近はコンビニやファストフードが充実して、ついつい手軽に済ませてしまいがち。

でも、口から摂取するものにはきちんとこだわることが大切です!!

髪の毛に関連する栄養素で大切なのは「ミネラル」と「ビタミン」

特に、ミネラルはカラダの中で生成できない栄養素なので、食事から意識的に摂取するようにこころがけましょう。

白髪予防に効果的な頭皮マッサージ方法|誰でも簡単!

2016-02-08 at 16:34

◯頭皮の血行不良で白髪が加速する


白髪は、髪の毛のメラニン色素が不足している状態のことを指します。

頭皮の下にある毛根に、メラニン色素を合成するメラノサイトが存在しており、これが黒髪の色素を作り出しています。

このメラノサイトは頭皮から栄養を補給しているため、頭皮環境が大切なキーポイントとなります。

頭皮が硬く血行不良の状態だと、栄養がきちんと行き渡らないため、結果的にメラニン色素が不足し、白髪の原因になります。

つまり、頭皮を柔らかく保ち、血液循環を良くしておくことが白髪予防になるんです!


◯白髪予防に効果的な頭皮マッサージとは?


頭皮環境は白髪だけでなく、抜け毛・薄毛・フケ・乾燥などにもつながる大切なものです。

様々な症状を予防するためにも、仕事の合間や寝る前など、なるべく習慣的に行うようにしましょう。

むつかしく考えずに、気軽に毎日実践できる方法をお伝えします。

【指圧】
・まず、両耳をつかんで軽く回します(準備体操)
・次に両指の腹で頭皮を圧迫し、気持ちのいい圧力でプッシュ
・少しずつ場所をずらしてプッシュ

*力の入れすぎは逆こうなになることがあるので、要注意です

【頭皮をゆっくり動かす】
・指圧が終わったら今度は頭皮を動かします
・手のひらで側頭部をはさみ、ゆっくり円を描きます
・少しずつ場所をずらして頭皮をマッサージ

【最後にツボを押す】
・百会(ひゃくえ)をプッシュします
・両耳の穴から頭頂へ向かって垂線を伸ばし交わるところです
・交感神経がゆるみ、ストレス緩和の効果も期待できます


それでも白髪が生える場合は、天然由来のカラートリートメントで簡単白髪隠し!
利尻ヘアカラートリートメント

白髪染めの効果を長く維持する4つの方法

2016-02-03 at 18:39

せっかく白髪染めで髪を染めても、すぐに色が落ちてしまったらまた染めなきゃいけない!

そうして頻繁にカラーリングをすると、髪と頭皮にダメージを与えてしまうこともあるので要注意です。

ここで、できるだけカラーリングの回数を減らして、白髪染めの効果を長く維持する方法をまとめてみましたので、参考にしていただければ幸いです。



白髪染めの効果を長く維持する4つの方法とは?


◯シャンプーの方法に一工夫
シャンプーの際に、髪の毛全体をガシャガシャ洗っていませんか??

実は、よっぽど髪の毛にベタベタ整髪料を塗っているときを省けば、普段は頭皮のみの洗浄で充分なんです。

必要以上にシャンプーで洗いすぎるとカラーが取れやすくなる上に痛みの原因にもなるので気を付けておきましょう。


◯トリートメントを使う

リンスに比べ、トリートメントの方が髪表面のキューティクルをケアしてくれることをご存知ですか??

傷んで開きぎみのキューティクルに対して、たっぷりのトリートメントを使ってあげることでカラーの持ちも良くなります。


◯タオルドライは丁寧に

お風呂から上がってついついタオルでゴシゴシ拭いていませんか??

この摩擦は髪の毛にとって大きな負担となってしまうので、タオルドライは丁寧に!

ゴシゴシではなく、髪全体をタオルで包んでポンポンと押さえながら水分を吸収させましょう。


◯ドライアーを忘れずに!

つい面倒でドライアーを省略してしまいがちですが、自然乾燥は絶対にNG!!

水分が蒸発するときに髪内部の潤いまで奪われてしまうので、必ずドライアーで乾かす習慣をつけておきましょう。

できれば、マイナスイオンドライアーが理想的です♪


以上の4つの方法で白髪染めもしっかり長持ちです!


トリートメントと白髪染めの相乗効果!カラートリートメントが話題沸騰中↓↓



◯関連記事
カラートリートメントでムラなく染める3つの方法は?

白髪染めの選び方|染め方・目的別まとめ

2016-02-03 at 17:53

白髪を発見していざ白髪染めを買おうと思っても、はてどの商品を選べばいいのやら…。

一言に「白髪染め」と言っても、そのタイプは様々です。

生え際の白髪を染めたい方もいるし、全体をしっかり染めたい方もいます。

また、今すぐ染めたい方もいれば、周りにバレない程度に徐々に染めたい方もいます。

それぞれの髪質やダメージ具合い、白髪の量によっても多少異なりますが、まずは染め方・目的別に白髪染めの選び方をまとめてみました。

ご自身の希望の目的をチェックしてみてください♪


▶▶白髪染め|徐々に染めたい派へのオススメは?

▶▶白髪染め|1回でしっかり染めたい派へのオススメは?

▶▶白髪染め|今すぐ急ぎで隠したい派へのオススメは?


これらの白髪染めの中で一番人気なのは、徐々に染められるカラートリートメント!

その人気の秘密は、”メリット”が多い点です。

・徐々に染まるので周りにバレにくい
・頭皮・髪の毛が傷みにくい(むしろトリートメント効果で潤う!)
・他の関連商品に比べ、カラーバリエーションが豊富

白髪染め初心者の方には使いやすいお助けアイテムです。


ノーベル賞受賞の技術力で話題のカラートリートメントはこちら↓↓


白髪が生えたら抜く?切る?染める?正しい対処方法は?

2016-02-03 at 15:58

「白髪を見つけてしまった!」そんな時、どんな対処をしていますか??

抜く、切る、染めるなど色んな方法がありますが、一体どれが一番正しい方法なんでしょうか?

詳しくみていきましょう。

 

【白髪を抜く派】


白髪を発見したら、つい反射的に抜いてしまう方も多いはず。(私も昔はそうでした。)

一般的には白髪を抜くとさらに増えると言われていますが、医学的には根拠がないようですね。

ただし、「抜く派」にはデメリットがあるので要注意!

白髪は色素がなくなった髪の毛ですが、もちろん頭皮から生えています。

それをムリに引っこ抜くと、頭皮がダメージを受けてしまう可能性があります。

頭皮が傷むと、そこからばい菌が入ったり炎症につながってしまうことも…。

それでも、しばらくするとまた同じ毛穴から白髪は生えてきます。

それをまた抜く…をくり返していると、ダメージを受けた毛根から細い毛やうねった毛が生えてくることがあります。

さらにその状態を継続していると、髪の毛そのものが生えてこなくなるトラブルにつながりかねません。

「白髪が生えなくてラッキー♪」

ではなく、将来の頭皮・髪の毛のためには引っこ抜かないように気を付けましょう。


【白髪を切る派】


自分で見える部分の白髪を切る方も多いはず。

もちろん頭皮や髪の毛へのダメージはほとんどありませんが、短く切った毛は伸びてくるとピンと立って余計に目立つハメに…。

しかも本数が数本あればピンピンと白髪だけが元気に立ってしまうので、注意しましょう。


【白髪を染める派】


「白髪染め」というネーミングもあって、染めるのに抵抗があるとの声をよく聞きますが、実は抜いたり切ったりするよりもオススメ!

強い薬剤を使うことはNGですが、最近は植物由来の優しいカラートリートメントが主流になってきているので、髪の毛・頭皮を保護しつつ染められるという理想の形が実現します♪

特に染まりが良いと好評なカラートリートメントはこちら↓


40代の白髪染め頻度はどのくらい?実際に聞いてみました!

2016-02-02 at 17:49

私たちは生きている以上、毎日毎日少しずつ髪の毛が伸び続けています。

当然、白髪も一緒に伸びていきますので、定期的なメンテナンスが必要になってきます。

髪質や染まり具合いによって若干違いはありますが、だいたい皆さんどのくらいの頻度で白髪染めをしているんでしょうか?

実際にアラフォー女子に聞いてみました!

 

【1ヶ月に1回メンテナンスが目安】

最も多かったのは1ヶ月に1回のメンテナンス。

人間の髪の毛は、1ヶ月でだいたい1cm伸びます。

特に白髪は目立ちやすいので、根元が1cm白くなってきたら気になりますよね。

本当は2mm、3mm伸びただけでも気になって染めたくなる方も多いでしょう。

ただ、あまり短期間で白髪染めをしすぎると、髪の毛も頭皮も痛めてしまう可能性があるので、気をつけなければいけません。

どうしても生え際2~3mmの白髪が気になる方は、ペンタイプの白髪染めで見える部分だけ応急処置すると、髪の毛を痛めずに済むのでオススメです♪

 

もしもの時の応急処置!ペンタイプの白髪染めはコチラ↓