白髪染めの種類と選び方を暴露!

2016-02-08 at 17:46

白髪染めには、目的別や染まり方によって様々な種類があります。
いざ白髪を発見したときに、すぐに対応できるように白髪染めの種類について知っておくと便利ですよ。

手軽さと安全性で選ぶならカラートリートメント


日頃のシャンプーの後に手軽に使える白髪染めとして人気なのが、カラートリートメントです。

通常のトリートメント感覚で、髪の毛全体に塗布するだけ。
規定の時間お風呂に入りながら放置して洗い流せば、カラーリング完成です♪

白髪染め効果に加え、トリートメント効果があるのも嬉しいところ。

ただ、1回で完全に染まるわけではないので、すぐに染めたい方は注意が必要です。

◯関連記事
白髪染め|徐々に染めたい派へのオススメは?


人気のカラートリートメントはこちら!






今すぐ!の応急処置にはスティックタイプ


出かける前に鏡を見てビックリ!生え際に白髪が…!!

そんな時間のない時は、10分以内でサッと色を定着できるスティックタイプがオススメ。

とりあえずの応急処置や、次の白髪染めまでの待ち期間に活用するにはとても助かるアイテムです。

ほとんどがバッグに入るコンパクトサイズなので、1本持っておくと使い勝手がいいですよ。

◯関連記事
白髪染め|今すぐ急ぎで隠したい派へのオススメは?

人気のスティックタイプ白髪染めはこちら!

白髪染め

ムラなく簡単全体染めなら泡タイプ


自宅での白髪染めは、「慣れないうちは結構むつかしい」という声が多く寄せられています。

初めて自分で全体染めをする場合、ムラなく綺麗に染めるのはかなりハードルが高いもの。

そんなセルフカラーリング初心者さんにオススメしたいのが泡タイプの白髪染めです!

泡だとヘアムース感覚で簡単にムラなく全体染めができるので、初めての方でも安心してお使いいただけますよ♪

◯関連記事
白髪染め|1回でしっかり染めたい派へのオススメは?

人気の泡タイプの白髪染めはこちら!



白髪染め|1回でしっかり染めたい派へのオススメは?

2016-02-03 at 16:49

今主流になっている白髪染めは、カラートリートメント!

通常のトリートメントのようにお風呂の中で手軽に染められることで知られています。

が、しかし。

優しい成分がゆえに、そのデメリットは「1回でしっかり染まらない」という点。

例えば、”明日の同窓会のために、今日中にしっかり染めておきたい!”という方には白髪染め用のヘアカラーがオススメです。


“おしゃれ染めヘアカラー”と”白髪染め用ヘアカラー”の違いは?


おしゃれ染めヘアカラーとの最大の違いは、脱色剤が使用されているかどうか。

この脱色剤(ブリーチ)はとても強い薬であるが故に、頭皮や髪の毛を痛めてしまう原因になりかねないので要注意です!

しかし、白髪はそもそも色素がない髪の毛なので、脱色する必要がありませんよね?

なので、脱色剤を使用しない”白髪染め用のヘアカラー”を使用すると、出来るだけ髪の毛を痛めずにしっかり内部まで染めることができます。

1回でしっかり白髪染めしたい派の方にオススメの商品はこちら!

ラサーナ|ヘアカラー




シーエッセンスカラーフォーム