梅雨の髪の広がりを抑えたい!白髪染めでケアできるって本当??

2016-06-17 at 17:13

03689d78d6ed07900bf22a69fb20f82a_s
毎年、梅雨の時期になると髪の毛がボワッと広がってしまう…。

どうしても髪の広がりを改善できなくて、仕方なく結んでいる方も多いことでしょう。

では、この毎年悩まさせれる髪の広がりは、なぜ起こってしまうのでしょうか?

髪が広がる原因はキューティクルにあり!


実は、梅雨時期に髪が広がる原因は、傷んだ髪のキューティクルにあるんです!

傷んだ髪の毛は、ところどころキューティクルが剥がれている状態です。

そこに、梅雨の湿気(水分)がどんどん入り込んで、キューティクルの内側に溜め込まれて行きます。

この水分により、髪1本1本が膨張して広がってしまうのです。

しかも、水分は均一に入り込まないため、水分の多い部分、少ない部分でうねりが発生し、さらに広がりの原因となってしまいます。

梅雨の髪の広がりを抑える方法は?


つまり、キューティクルが剥がれないように予防することが何よりも先決です!!

ただ、白髪染めをしていると、どうしてもダメージは0ではありません。

特に、髪の内部にまで色を浸透させるヘアカラーでは、同時に脱色もしてしまうため、よく色が定着する反面、キューティクルがボロボロになる可能性があります。

このデメリットを予防するためには、普段から白髪染めとして「カラートリートメント」を活用することが良い選択!

カラートリートメントは髪の表面に色を乗せるだけなので、基本的にはキューティクルにダメージはありません。

スクリーンショット 2016-06-17 17.03.14
歳を重ねるごとに頭皮も髪も敏感になってくるので、今まで以上に慎重にケアをしてあげましょう♪

特に、頭皮が健康だと毛根に十分に栄養分が行きわたるので、キューティクルがしっかりしたハリのある髪の毛が生えてきやすいと言われています。

>>頭皮マッサージと白髪染めを同時にできるカラートリートメントはコチラ

 

まとめ


梅雨の髪の毛の広がりを抑えるためには、まずキューティクルが剥がれないように対策することが大切!

白髪染めの時には、強いカラー剤は使用せず、キューティクルを守りながら染められるカラートリートメントを選ぶことがオススメです♪